FC2ブログ
針金職人再び
カテゴリ:
最近工作ネタが少ないとご指摘をいただいておりますが・・・

特に工作をサボっている訳じゃなくって、工房作業は相変わらずです。

ただ、既にエントリー済みの作業が多くってね(笑)

と、言うわけで、久しぶりに針金細工のエントリーでも書こうかな?

針金は簡単に加工できるので、色んなシーンで役立ちます。

DSC_1623.jpg

今回活躍するのは何ミリの太さだっただろう?

あんまりよく覚えていないので太さは不明としておきます。

工作の際に活躍するのはパッキンが残念なフューエルキャップです。

針金をいきなり曲げちゃうと、折れたりすることもあったりするので、このキャップの曲線部分を型代わりに利用します。

DSC_1624.jpg

手作業で曲げるんですけど、大きな曲線になりますので、意外と綺麗に曲がるものですね。

次に曲げるのは直角です。

適当なプラケースを使って、同じ位の高さになるように・・・

DSC_1625.jpg

同じくらいの高さと言っても適当でいいんですよ。

適当にしておかないと後が大変?です。

実は2本の針金で作られた今回の謎の部品はこんな感じです。

DSC_1626.jpg

しかし、このままだと、何に使うのか良くわかりませんね。

とりあえず、このままではバラけてしまうので一纏めにするために一工夫!! 

 


40LBのリーダーを・・・

DSC_1627.jpg

いえいえ、黒く見えるのは熱収縮チューブです。

工作物全体に収縮チューブを被せて、最初に利用したフューエルキャップに沿うかどうかの確認を行います。

DSC_1628.jpg

一応、それらしく曲がっていますね。

手作業にしては上出来です。

では、針金合体作業の仕上げといきましょう!!

DSC_1629.jpg

キャンプ用のトーチを使って軽く炙ると、収縮チューブが縮み、針金の一体感が増すと同時に表面の皺も綺麗に無くなります。

DSC_1630.jpg

久々の針金細工はこれにて完成です。

さて、ここで問題です。

この商品は何に使うものでしょう?

正解はコチラ

フューエルキャップのホルダーです。

DSC_1632.jpg

実は、キャップのホルダーはトヨタ純正部品で存在するのですが、純正部品は樹脂でできた貼りつけるもの。

そう、魔除けのステッカーが隠れちゃうんですね。

ホルダーとして利用しているときは、どっちにしても隠れちゃうんですけどね(笑)

DSC_1631.jpg

こうして、見えないところにも拘りが感じられる作品の完成です。

ちなみに針金はステンレス仕様ですので錆の心配はありませんし、収縮チューブのおかげで給油口にも傷がつく心配はありません。

実は今回のワンオフ作品、フューエルキャップ同様にセルフのGSで給油を続けると誰にも気づいてもらえないんですね。

せっかくですので、ここに残しておきましょう。

☆・人命を運ぶ自動車部品です、真似していただくのは自由ですが、メーカー純正部品以外の製作・使用については自己責任でお願いします。

スポンサーサイト



編集 / 2016.04.24 20:00 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
コメント投稿はコチラから



 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

さいとう


Author:さいとう
ルアーフィッシングにはまっている普通?のおっさん
趣味を中心にチョコチョコ更新しています

カウンター
 
管理人への連絡はコチラから
ここから管理人にメールを送ることができます

お名前:
E-MAIL:
件名:
本文:


※・注意して下さいね

入力内容はE-Mailとして管理人に届きます

入力内容に不備があった場合送信メッセージが表示されても管理人にメールが届かないことがあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Google


どこから来たの?

よく読まれるエントリーは?