FC2ブログ
オーバークール
カテゴリ:
4月に入ると寒暖差はありますが、随分暖かくなってきました。

しかし、ブログオーナーの愛車の水温計は冷たいまんまで上がりません。

DSC_2928.jpg

水温が上がらないとどうなるのか?

これからの時期には必要がない暖房が効きません。

エンジンが冷えてるんでATのシフトアップが遅く、燃費が悪化します。

必要以上に回転が上がった状態になるのでエンジンオイルの早期劣化が・・・

水温が上がらないのは恐らくサーモスタットが開きっ放しになっているんでしょう。

と、いう事でサーモスタットを注文してみました。

DSC_2930.jpg

純正部品の購入を考えましたが、近場のトヨタ部品共販(岡山)は一般人お断りになったようで、当然一般人のブログオーナーは相手にしてくれるわけなく、ネット通販で社外互換品をチョイスしました。

部品番号を探し出すのがちょっと面倒ですが、純正部品を利用するより、リーズナブルにできちゃいます。

症状から、ダメだと思ったサーモスタット比較がコチラの写真になります。

DSC_2934.jpg

右側が外したサーモスタットで、左が今回購入した社外互換品

開けた瞬間にダメじゃんってわかるくらい、ゴムパッキンが開いています。

サーモスタットが閉じないので当然水温は上がりません。

実は、この状態でこれ以上開くこともなく、完全に固着していましたので、このまま乗り続けると、夏場はオーバーヒートしちゃうのかしら?

取り付けはいたって簡単です。

DSC_2935.jpg

サーモスタット外してできた空間に新しいサーモスタットを取り付けます。

取り付けはホース側でもブロック側でもかまわないと思いますが、ビジュアル的にはブロック側かな?

DSC_2936.jpg

で、取り付けが完了すると、LLCを補充します。

とりあえず、こんな感じで入れていきますが、過去ログでLLC交換エントリーがあったような?

DSC_2939.jpg

こんな感じでエア抜きして・・・

水温が上がるまでアイドリング&放置でOK!です。

DSC_2941.jpg

で、最後にLLCの漏れがないか確認して作業終了です。

あ、そうそう、オドメータ記録しとかなくっちゃ!!

DSC_2943.jpg


今回使用したサーモスタットは純正代替品メーカーとして有名?な多摩興業さんのWV56-82Cでした。

古い車に乗っていると、部品がわからない?ってケースがあるそうです。
以前はトヨタ系のディーラーの営業スタッフがわがままに付き合ってくれていましたが、部品検索は ロシアのサイト が充実しています。
使いこなすのは少々慣れが必要かも知れませんが、純正品番にたどり着ければ社外品にもたどり着けるかな?
サーモスタット交換は簡単にできるDIY作業ですが、ちょっと間違うとエンジン破損に繋がる可能性もあります。
実施については自己責任、自信が無かったら専門家にお任せしましょう!!




スポンサーサイト



編集 / 2018.04.07 20:00 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
コメント投稿はコチラから



 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

さいとう


Author:さいとう
ルアーフィッシングにはまっている普通?のおっさん
趣味を中心にチョコチョコ更新しています

カウンター
 
管理人への連絡はコチラから
ここから管理人にメールを送ることができます

お名前:
E-MAIL:
件名:
本文:


※・注意して下さいね

入力内容はE-Mailとして管理人に届きます

入力内容に不備があった場合送信メッセージが表示されても管理人にメールが届かないことがあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Google


どこから来たの?

よく読まれるエントリーは?