驚愕の海
カテゴリ: 釣り
早いもので島根半島がメインフィールドになって1年経ちました。

何もわからなかった1年前、明石海峡と比較して潮の緩さを実感していた頃です。

そろそろ春のアオリイカが始まる頃・・・

島根半島まで春イカ調査に出掛けてみると・・・

海の色がとんでもないことになっています。



数日前から赤潮が発生しているらしい情報がありましたがこの色はプログオーナーの知ってる赤潮の色じゃありません。

ピンクですよ!

ピンク!



明らかに海の色じゃ無いですよね。

こんな色の海じゃ釣れる気しませんが、赤やピンクに染まっていないポイントを探します。

何カ所か移動すると、赤くないエリアもあって・・・

赤くないって言っても沖には赤潮が・・・

一応投げては見るものの、エギングって感じじゃないですねぇ。

エギング調査は諦めてジグヘッドでメバルを狙います。

始めてのポイントはよく分からないので消耗戦用のジグヘッドにメバリーワームをセットします。



20センチのブルーバック!

この時期になってくると厳寒期と違ってパワフルです。

しかしコンディションが悪いんでしょうね、連発しません。

ピンクの海で諦めていたところなんですが、魚と遊べたのでまぁイイかな?

とか思いながら投げていたら、なかなかの手応え!



25センチのブルーバック君

フッキングと同時に左右に走り回ってオモローな一尾でした。

潮が澄んでくる気配もないのでこれにてストップフィッシングとしました。

ピンクの海を見て確か『さくら丸』って漁船があったことを思い出して行ってみると、桜色の海に浮かぶ『さくら丸』と言うイメージ通りの写真が撮れました。
島根半島の漁港を回ってみると、岡山や広島から来られている方を多く見掛けます。
赤潮の影響で釣果は伴いませんでしたが、あらためて魅力的なフィールドだということを再認識した週末でした。





編集 / 2018.04.23 08:00 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
オーバークール
カテゴリ:
4月に入ると寒暖差はありますが、随分暖かくなってきました。

しかし、ブログオーナーの愛車の水温計は冷たいまんまで上がりません。

DSC_2928.jpg

水温が上がらないとどうなるのか?

これからの時期には必要がない暖房が効きません。

エンジンが冷えてるんでATのシフトアップが遅く、燃費が悪化します。

必要以上に回転が上がった状態になるのでエンジンオイルの早期劣化が・・・

水温が上がらないのは恐らくサーモスタットが開きっ放しになっているんでしょう。

と、いう事でサーモスタットを注文してみました。

DSC_2930.jpg

純正部品の購入を考えましたが、近場のトヨタ部品共販(岡山)は一般人お断りになったようで、当然一般人のブログオーナーは相手にしてくれるわけなく、ネット通販で社外互換品をチョイスしました。

部品番号を探し出すのがちょっと面倒ですが、純正部品を利用するより、リーズナブルにできちゃいます。

症状から、ダメだと思ったサーモスタット比較がコチラの写真になります。

DSC_2934.jpg

右側が外したサーモスタットで、左が今回購入した社外互換品

開けた瞬間にダメじゃんってわかるくらい、ゴムパッキンが開いています。

サーモスタットが閉じないので当然水温は上がりません。

実は、この状態でこれ以上開くこともなく、完全に固着していましたので、このまま乗り続けると、夏場はオーバーヒートしちゃうのかしら?

取り付けはいたって簡単です。

DSC_2935.jpg

サーモスタット外してできた空間に新しいサーモスタットを取り付けます。

取り付けはホース側でもブロック側でもかまわないと思いますが、ビジュアル的にはブロック側かな?

DSC_2936.jpg

で、取り付けが完了すると、LLCを補充します。

とりあえず、こんな感じで入れていきますが、過去ログでLLC交換エントリーがあったような?

DSC_2939.jpg

こんな感じでエア抜きして・・・

水温が上がるまでアイドリング&放置でOK!です。

DSC_2941.jpg

で、最後にLLCの漏れがないか確認して作業終了です。

あ、そうそう、オドメータ記録しとかなくっちゃ!!

DSC_2943.jpg


今回使用したサーモスタットは純正代替品メーカーとして有名?な多摩興業さんのWV56-82Cでした。

古い車に乗っていると、部品がわからない?ってケースがあるそうです。
以前はトヨタ系のディーラーの営業スタッフがわがままに付き合ってくれていましたが、部品検索は ロシアのサイト が充実しています。
使いこなすのは少々慣れが必要かも知れませんが、純正品番にたどり着ければ社外品にもたどり着けるかな?
サーモスタット交換は簡単にできるDIY作業ですが、ちょっと間違うとエンジン破損に繋がる可能性もあります。
実施については自己責任、自信が無かったら専門家にお任せしましょう!!







編集 / 2018.04.07 20:00 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
満月大潮は釣れないのか?
カテゴリ: 釣り
さて、満月大潮ナイトフィッシング再び・・・

前回の満月大潮と違って今回は現地ガイドのI君がサポート?してくれます。

そろそろコウイカシーズンが始まったようで、メジャースポットはコウイカ狙いのアングラーで混雑しているそうですが、狙うのは少し離れたポイントです。

貸し切りの様なポイントですんで釣れるかどうかもわかりませんが、現地ガイドが居るんで安心ですね(笑)

まずはコウイカ狙いのエギングからスタートします。

コウイカエギングはアオリイカと違ってボトムを狙うエギングですのでのんびり遊べます。

エギをボトムに放置すると、引き込むアタリ!



久しぶりにズッシリ重いコウイカゲットです。

狙ったポイントで狙い通りの獲物がゲットできるのが島根半島のパフォーマンスの高さですね。

コウイカは一杯釣れると近くにもう一杯ペアが居ると言われています。

海の状態は湖の様なコンディションですんで、ヒットしたポイントの少し沖に同じエギを投入してエギの居心地の良さそうなボトムに放置します。

狙った通りの引き込むアタリ!にピシッと合わせて2杯目ゲットです。



今回も使用したのはティップランエギングロッドです。

ロングロッド大好きなブログオーナーでしたが、このロッドは使い込むと・・・

一応オフショアロッドだった様な?

さて、ブログオーナーがエギングで遊んでいる横で現地ガイドのI君はナンとプラグでメバリング

明石界隈ではメバリングに使うと想像できないミノーで大騒ぎしてはります。

自己記録更新のビックメバルをゲットされたとのコと。(こんな書き方ですが、ブログオーナーは当然確認してますよ)

笑撃のサイズ、写真については提供があれは追記紹介したいと思います。

さて、お土産も確保できましたので、ここからは実績ポイントのランガン開始・・・

1ヵ所目、あれ?いつもと違うシチュエーション?

生命反応無しで短時間で撃沈宣言・・・

2ヵ所目、顔見知りとなった常連エサ師の情報によると、メバル狙いのアングラーが大量に押し掛け、叩かれまくってオールナイトでも釣れないアングラー多発しているそうで・・・

ま、あらためて移動するのも面倒ですし、満月大潮は釣れませんからねぇ~ってことで狙いのポイントに入ってみます。

そしてドラマの様な事故記録更新の手応え

ドラグが鳴る!

何とか浮かす!

デカイ!!

次の瞬間

ふっ、と軽くなってフックアウトしてしまいました。

昔購入して、シャローポイントでは重すぎて使っていなかったD社のジグヘッドのフックが開いてしまっています。

やっぱり満月大潮はあきませんな。

あ、でも一応メバルは居るんですよ、ワームサイズ落としたらこんなん狙えますし・・・



フックサイズ落としたら修行できそうですしねぇ~

本日の獲物はこんな感じで、十分な量があります。



解体風景は墨まみれで撮れたもんじゃありません。

刺身と炒め物用に下ごしらえしてみました。



満月大潮で釣れませんでしたが、一人で食べるには十分ですな。

I君情報によると、5月が近づくとサーフからでも尺アジが狙えるポイントがあるそうです。
豆アジングしか経験がありませんので楽しみです。


 



編集 / 2018.04.01 20:00 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
タイヤ交換
カテゴリ:
3月も中旬になってくるとずいぶん暖かくなって来ましたね。

寒さが緩んでくると、釣りのターゲットも増えてくるのですが、先にスタッドレスをノーマルタイヤに戻すことにしました。



タイヤ交換のエントリーは過去ログにいくつかありますので、今回のエントリーは交換記録かな?

タイヤ交換が終了すると、オフシーズンの保管になるのですが、ブログオーナーの場合はこんな感じです。



中性洗剤でタイヤについた汚れを落とします。

タイヤの溝に入り込んだ小石とか、異物は当然取り除きます。



水洗いが終了すると、陰干しします。

乾燥したら、来シーズンも使えるかどうかのタイヤの溝の残量確認を行います。



4本ともプラットホーム迄摩耗していませんので来シーズンも使えそうですね。

え、まだ使うの?って言われそうな感じですが、ここでちょっと一手間かけています。



タイヤワックスや保護材を使うののが一般的だと聞きますが、某タイヤ販売店によると、綺麗に見せるための一部の成分が、ゴムを劣化させることもあるそうです。

何もしないでそのまま保管するのも劣化が避けられないので、保護材代わりにブログオーナーが利用しているのはシリコンオイルです。

シリコンオイルはゴムに対する攻撃性がないらしく・・・

色んな蘊蓄がありますが、論より証拠!

このタイヤの製造年月はこのブログが始まるまだ前だったりします。

シリコンオイルが塗り終わるとカバーをかけて次のシーズンに備えます。

古いものを長く使うためには色んな方法があります。
製造メーカーの推奨期間以上に利用するのは使う側の自己責任になります。
固くなったタイヤに膨潤効果のあるオイルケミカルを使う方法がありますが、この方法だとタイヤの溝がボロボロになってしまったことがあります。
ブログオーナーが古いタイヤを使えているのは偶然かも知れませんので、真似されるのは自由ですが、更新時期を大幅に越えて利用するのは自己責任でお願いします。





編集 / 2018.03.17 20:00 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
春告魚
カテゴリ: 釣り
3月になって爆風が吹き荒れましたが、春一番なのかな?

土曜日の未明から風と波が落ち始める予報・・・

小潮回りでもサラシがあればきっとメバルと遊べるハズです。

風向きと波の高さからいつもとは違うポイントにエントリーします。

初めてのポイントなんでフィールドの状態もわかりませんが、投げて巻いたら何か釣れるでしょう(笑)

風が強めですんで、序盤戦からメバリーワーム&アジメバライダーで攻めて見ます。



釣れちゃいました。

写真の撮り方なかなか上達しませんねぇ~

そんなに大きく見えないんですが、一応こんなサイズなんですよ(笑)



20センチオーバーのブルーバックです。

寒いんですけど、風や波が落ちてくると春を感じる気がします。

連発にはなりませんが、退屈しない程度に釣れちゃいます。

で、本日最大サイズ!



え、小さく見えるって?

ブログオーナーは魚の写真撮るの下手なんです。

大きさがわかるようにメジャーと合わせて撮って見ます。



一応26センチあるんですよ(笑)

小さなメバルも遊んでくれます。

15センチあるなし君はそのまま海にお帰りいただきます。



小さく見えませんか?

手のひらに乗るサイズだったらわかりやすいかも知れませんね(笑)

ブルーバックだけではなく茶色いコも遊んでくれます。



抜き上げる重さはブルーバックと変わりませんが、リリースサイズのブルーバックの方がパワフルですね。

小さなコはリリースします。



今回は、遊んでくれたコみんな、記念写真を撮ると決めた!!

ら、ジグヘッドがバイブレーションに変化します。



バイブレーションの正体は豆アジ君。

いちいち写真撮るのやっぱり面倒になってきました。

そうそう、今回遊びに行ったフィールドは近所の釣具屋のスタッフブログに載ってたところ・・・

尺メバルには出会えませんでしたが、情報交換がてらに広げに寄って来ました。



ブログオーナーのメジャー、フィールドではたるんでますけどそんなに大きさおかしくないでしょう?

少しだけ春を感じた寒い夜でした(笑)

今回参戦したフィールド、12月から4月位迄はヤリイカ狙いの餌師の聖地らしく、暗いうちから12時間後の夜の為の場所取りが始まるそうです。
波風が無ければお気軽エントリーポイントにはならないみたいです。








編集 / 2018.03.10 09:00 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

さいとう


Author:さいとう
ルアーフィッシングにはまっている普通?のおっさん
趣味を中心にチョコチョコ更新しています

カウンター
 
管理人への連絡はコチラから
ここから管理人にメールを送ることができます

お名前:
E-MAIL:
件名:
本文:


※・注意して下さいね

入力内容はE-Mailとして管理人に届きます

入力内容に不備があった場合送信メッセージが表示されても管理人にメールが届かないことがあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Google


どこから来たの?

よく読まれるエントリーは?